フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 大島 愛らんどセンター御神火温泉 | トップページ | 大島 大衆割烹・民宿 市松 »

2007年10月20日 (土)

ダイビングログin大島

P1080166大島の有名ポイント「秋の浜」(写真:ススキ舐めの秋の浜)。 AOWのナイトダイビングで暗くて怖くて寒くて気持ち悪い中潜ったという嫌な思い出が残る場所。イメージは同じであった。

P1080168エントリーはジャイアント。エキジットはラダーを登る。溶岩により黒くてゴロゴロとした所に生物が住み着いているという感じ。すっかり伊豆的マクロなダイビングであった。

■10月20日(土) 気温21℃ #1 大島 秋の浜 水温20℃ 透明度10m max:28.6m ave:14.6m en:9:46 ex:10:45 クマドリカエルアンコウyg、サキシマミノウミウシ、シロタスキベラyg、ヒカリボヤ、オキゴンベyg、サラサゴンベ、ニシキフウライウオ、ジョーフィッシュ、ベニヒレイトヒキベラyg、バラハタyg、ベニカエルアンコウ、フリソデエビ、ヒレクロコショウダイyg、ハナミノカサゴyg

P1070874P1070879 P1070880 P1070885 P1070888 P1070892 P1070896 P1070897 P1070898

               

            

                 

■#2 大島 秋の浜 水温21℃ 透明度10m max:35.6m ave:15.2m en:13:54 ex:14:52 ツルグエ、スジハナダイ、アカホシカクレエビ、ガラスハゼyg、ワニゴチ、オトメハゼペア、クロイトハゼペア、ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ、アライソコケギンポ、トゲトゲウミウシ、イロカエルアンコウyg、フリソデエビ、トウシマコケギンポ、クリアクリーナーシュリンプ、ベニハゼの仲間

P1070949P1070953 P1070954 P1070957 P1070960 P1070962 P1070965

P1070969 P1070972 P1070983 P1070986 P1070990 P1070992 P1070996 P1070997

       

        

      

最大水深35.6mで約1時間潜っているなんて、どんだけぇ~???

« 大島 愛らんどセンター御神火温泉 | トップページ | 大島 大衆割烹・民宿 市松 »

コメント

かっぴさん、
私も近所の海から大島の噴火の赤を見た覚えがあります。
大島も場所によっては砂がある場所もありますよ^^
沖縄本島は汚染がひどく、慶良間や石垣もも最近は珊瑚の白色化がみられ、以前の美しさはなくなりつつあるのが悲しいです。
ハワイは水温があまり高くないんですよね。
珊瑚の種類も少ないのでカラフルに見えないのかも?
黒潮が当たる場所は透明度も良く蒼く魚影も濃い暖かい海。
風邪気味の今の私にはそんな海に行きたいです(T T)

溶岩で黒いんですね。昔、大島の噴火が大磯海岸から見えたのを思い出します。
大島、白い砂で海が綺麗というイメージがありましたが、違うんですね。
この間行ったハワイも、天国の海と言われているところへ行って、シュノーケリングしたのですが、あんまり綺麗じゃなかったです。
沖縄の慶良間の方が全然きれいだった気がします。
世界の中でも、鹿児島や沖縄って綺麗なほうなんですか?

もみじさん、
ここの海はあまり良い思いでが無いので余計に暗く感じますが、溶岩が流れているのでもともと黒いんです。
屋久島もそうでした。
海外・国内問わず砂が白い場所はやはり明るいです。
東京湾に比べれば大島も綺麗ですが、鹿児島沖の方がやはり綺麗ですよね。
マクロ(小さいもの)ばかり撮影している・・・ということは、遠くが濁っていて見えない・・・ということなんです。
この透明度だと例え隣に鯨が通っても見えません(T T)
久々に寒い海でドライスーツでも風邪っぽくて。
ブログ更新が滞っていました^^;
やはり暖かくて明るい海が好きです♪

外国の海と日本の海 やっぱり違いますか?
それぞれの良さがあると思うけどどんなもんですか?
いいなぁ~!でも冬でも潜るんでしょ?
寒いのに・・
おばさんはコタツで丸くなる~~♪~♪~
でも写真を見せていただくと日本の海もまだ捨てたもんじゃないと・・
キレイですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196040/16856467

この記事へのトラックバック一覧です: ダイビングログin大島:

« 大島 愛らんどセンター御神火温泉 | トップページ | 大島 大衆割烹・民宿 市松 »