フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 御蔵島 民宿 | トップページ | 御蔵島の旅のまとめ »

2007年4月30日 (月)

御蔵島 イルカウォッチング

Dsc07716野生のイルカと泳ぐことができる御蔵島。船の就航率が悪くスケジュール調整も大変ながら、宿もなかなか取れず。今まで何度もその思いがかなわずにいましたが今回は天候にも恵まれ幸せなDsc07718_12日間に。

4月29日(日)8:30~、14:30~、4月30日(月)8:00~、14:00~の2h、合計4回。1回\6850。水温20℃前後 気温21℃。(午後は少し低め) 

Dsc07720初日は港から出て間もなく船長が「入る準備をしてぇ~」。

慌ててフィンとマスクを着ける。

Dsc07722そして「両サイドから入ってください~」。

ドボンっ! ドライスーツのエアーを必死で抜いていると視線が。

Dsc07725振り返るとイルカが横で真正面を向き 、「何してるのぉ~?」

きょぇ~っ!!!本物!?それも真正面。

Dsc07732恐らくここまで来てドライスーツの人間が珍しかったのでしょう。

そして「早くしないと行っちゃうよぉ~」と馬鹿にして泳いで行きました。(もちろん置いていかれまDsc07734_1す)

いくつものイルカの群れがあり、初日はフレンドリーな若い群れに沢山遭遇。

Dsc07753_1子供がママのミルクを飲む姿も見れました。噂によると60cm位の赤ちゃんも目撃されているそうな。

水族館の子達とは違ってガッチリ筋肉質な子達Dsc07755ばかり。

今は恋の季節。お腹を見せたりさすったり、ムナビレをこすり合わせたりしている姿も見られます。

Dsc077562日目は泳ぐのが速くあまり友好的でない子達ばかり。ウェイトを7kg着けている私にはいつかの800mフリッパーを思わせる苦しいこともしばしば。

Dsc07776なんだかイルカ同士で戯れていて入れない雰囲気。後で←写真を良く見るとおちんちん出てました^^;そりゃー人間は入れないわ。

今回はカメラを持って入ったのが半分くらい。Dsc07796初めての野生イルカを眺めることに感動&必死でした。

船長がイルカの行く先を見定めて私たちを落としてくれます。Dsc07788_1彼らの腕が良くないと遭遇できません。他の船を見ているとあらぁ~見えてないんじゃないの?ということも。腕の良い船で本当にラッキーでした。

こんなことなかなか出来る体験ではありません。でももしチャンスがあればウェットの時期にまた行ってみたい!そして多くの人にも体験してもらいたい!写真と言葉では現せない感動と感覚。イルカってやっぱりすごいのです(T_T)

« 御蔵島 民宿 | トップページ | 御蔵島の旅のまとめ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196040/14936113

この記事へのトラックバック一覧です: 御蔵島 イルカウォッチング:

« 御蔵島 民宿 | トップページ | 御蔵島の旅のまとめ »