フォト
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 鎌倉のお正月準備#1 | トップページ | 鎌倉のお正月準備#2 »

2006年12月29日 (金)

2006チンチラダイジェスト版MIE♂編

今年一番の切ない事件はMASK♂の弟MIE♂の指が無くなったこと。飼い主には電車に乗るから身障者手帳をくれ!とジョークを言ってくれるけど、本当にMIE♂ちゃんごめんね(T_T)

Dsc03315事件はこのFIN♀の鼻の傷から始まった。

MIE♂を2週間我が家で預かる事になり、MASK♂の弟だから皆仲良くするだろう・・・と思ったのが間違い!FIN♀とMIE♂が犬猿の仲!Dsc03324FIN♀は隣のケージにいると思うだけでイライラするらしく、人格ならぬチン格が変わったように喧嘩をしかけていく。MIE♂も負けない。

そんな状態で事件は起こった。Dsc03336どうやら散歩中にやってしまったらしい。右手薬指第一関節から切断。左手は指間を割いた状態。

先生は「右手はきれいにもげて良かったわねぇ~。チンチラは指が無い子多いのよぉ。大丈夫」Dsc03343慌てて大騒ぎしている私を慰めてくれました。。。

最初は化膿止めだけで様子見だったのでこのままの姿でゴロン寝。この姿は兄MASK♂と一緒だね。

でも割いたほうの手を気になってどうしても噛んじゃうの。 で1週間エリザベスをすることに。既製品は無いので先生お手製。マジックで印が書いていました。Dsc03354

エリザベスを着けていても忘れていて筒に入ろうとして引っかかりながらお散歩してました。この筒、その後無理矢理だけど上手に通れるようになりました。先生が「3日で慣れますから。」そDsc03372の通り。

こんな姿でも寝れるように。

ただ男の子のエリザベスは要注意。びよーんしたDsc03373まま咥えられなくて出たままに(T_T)水で塗らして収めました。そのままにしておくと壊死しちゃうこともあるそうです。

こんな姿でも寝ています。すごいよ。

Dsc03376傷も塞がり、エリザベスもしっかり取れておうちに帰って行きました。なでなでされると気持ち良いのよね^^この子は1.5ヶ月で連れてきたので慣れ慣れです。 いつも可愛がられているもんね^^P1040596

その後の手。ちゃんと切断した指の傷もふさがり毛も生えてきました。

もう「ドラえもんになるから(指が全部無くなるから)預けません」と飼い主。

MIE♂ちゃん、そんなこと言わないで別のお部屋に入れてあげるから遊びに来てねん^^出演料はkanae印の干しリンゴです^^;

注:チンチラの指切断は骨が見えているとそこから壊死するため骨を削り皮を被せる手術が必要です。

« 鎌倉のお正月準備#1 | トップページ | 鎌倉のお正月準備#2 »

コメント

もみじさん、
そ、そんなに指が無い子いたんですね^^;
本当に飼い主の不注意だと反省しております。ドラえもんにしないぞっ!!!
MASK♂のびよーん、やはり珍しいのかしら?今日も魅せてくれていました^^;
変質者MASK♂、来年もよろしくお願いします♪

MIE君もいい男♡MASK君の弟だけの事はありますね。チンチラの相性は中々難しいですよね。MASK君とFINちゃんの出会いは..我が家はブログにも書きましたがただ可愛いというだけで連れて帰って相性が会わなくて結果があれですもんね。我が家も指が無い子はくり、みるく もみじ ふうです。これからも注意しなくては...
MASK君の「ビヨーン!!」にはビックリしました!3匹みんなしますがあんなに公衆の面前ですることは無く巣箱で密かにしているのをおばさんは息を潜めて眺めているのにあのMASK君の大胆な行動は....

こけっこっこ~さん、
そうなのです。ペットショップでも指が少ない子を見た事もあります。
こんなのほほんとしている姿ばかりですが、喧嘩はすごいんですよっ!!!ほんと。
飼い主の注意不足です。今後は気をつけます。。。

チンチラって指のなくなる子が多かったんですね。
でも体の割にほんと小さな手足、おまけに歯の発達した子達ですものね。
無事きれいな指になってよかったです。少し短いけどね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/196040/13197933

この記事へのトラックバック一覧です: 2006チンチラダイジェスト版MIE♂編:

« 鎌倉のお正月準備#1 | トップページ | 鎌倉のお正月準備#2 »